会報 SHORT-NEWS[2014年10月号#304 一覧]

文化庁伝統文化親子教室事業

2014年8月31日から10月19日まで 全4回 14:00~15:30 

目黒 区総合庁舎 はぎの間  参加40名

茶道2.JPG今回の伝統文化親子教室は、茶道裏千家正教授の柴田宗知先生をお招きして、日本の伝統文化「茶道」を学ぶ。会場となった目黒区総合庁舎の和室には、小学生の親子が続々と入場する。皆白いソックスを履いて、いささか緊張の面持ちで畳に正座する。

全4回のうち初回は、挨拶の仕方や隣人への配慮から始まり、現代人には失われている作法や礼儀を学ぶ。お菓子を取る時に、『お先に頂戴致します』と言って隣の人に挨拶する。そういう行為が豊かな心を取り戻し、他者への思いやりや気遣いのできる人間になるという。

茶道3.JPG第2回は、ふくさのたたみ方、開き方を練習。柴田先生とお弟子さんたちが、一つ一つ丁寧に指導してゆく。小学生や父母たちが真剣な面持ちで、扇子の置きかたや位置決めをしてから、慣れない手つきでふくさを開き、たたみ、茶の湯の形式美を味わいながら学んでゆく。教わったり直されたりしながらもふくさを丁寧に扱ってゆくと、知らず知らずのうちに『気』が満ちてくるのだ。そして不思議なことにお茶をいただく心の準備が着々と出来上がってゆく。

季節感あふれる美しい和菓子をいただいた後、抹茶を味わい、再度ふくささばきを練習して、心を調えてゆく。初回抹茶が苦いからと飲めなかった子ども数人に、柴田先生は、『次回は薄くして量も減らしてみましょう。お客様に合わせた配慮こそ茶道です』と仰って、程よいさじ加減がなされ、2回目は皆飲めるようになったようである。

茶道1.JPG小学生の親子以外でも参加できるということから、当協会のフレンドシップメンバー(外国人会員)も参加し日本人親子や外国人が一緒に日本の伝統文化を学ぶという、実に素晴らしい時間の共有となった。全4回の茶道のコース終了後は、草月流の先生による『華道』の教室がこれに続く。親子で伝統文化を学び、味わうにはこの上ない良い機会といえよう。

広報  山田 峰子


交流会報告】 2014913日  区庁舎レストラン

交流会.JPG

目黒ユネスコ協会青年会員は、被災地支援活動として、目黒区の友好都市である、宮城県気仙沼市の小学校と交流を行っています。今年度は新城小学校の子どもたちを、9/14に行われる目黒SUN祭りで伝統舞踊を披露してもらうために招待しました。

SUN祭り前日の夜に目黒区役所の一室を借りて、気仙沼の皆さまと交流会を行いました。そこには目黒区長、教育長、区関係者、当協会会長、副会長、青年会員などが、参加して、盛大に交流する事が出来ました。交流会では、気仙沼の復興現状報告をして頂きました。震災から3年以上たった今も復興は終わらず震災前とは程遠い事を改めて強く感じました。SUNまつり1.JPGのサムネイル画像

その後、県に無形民俗文化財として指定されていて翌日の目黒SUN祭りで踊ることになっている伝統舞踊「廿一田植踊」を披露して頂きました。気仙沼の子供たちも大人の方々に混じり舞う姿はとてもかっこよく、SUN祭り当日も迫力のある舞踊で多くの観客を魅了していました。また目黒区にある鉄道模型で有名な「ナイアガラ」店の美味しいカレーと、駅長(店長)さんの明るい人柄で、楽しい雰囲気のなか交流会を行うことが出来ました。青年部で考案したゲームで気仙沼の子供たちと楽しく交流が出来てとても良かったです。この2日間の関係で終わりでなくこれからもずっと交流し続けたいです。この様な活動は周りの支えあってこそだと感謝しながら、震災復興のために自分達に何が出来るのかを考えこれからの活動に取り組みたいです。  

青年会員  松尾 俊吾

SUN祭り】 2014914日   区民センター

SUNまつり2.JPG

9 月14日に開催されたSUN祭りで、今年も目黒ユネスコはバザーを行いました。今回は何を売ろうかと考えていたところ、「青年のみんなで作れるものがいいよね!」の一言から始まり、ミサンガをはじめとした手作りの商品を売りました。準備では、ミサンガを編んだことのない青年たちも一生懸命作業をし、たくさんのミサンガとキャンディレイを作ることができました。当日は、ミサンガの編み方をその場で教えるブースを設け、青年が子どもたちに優しく楽しく教えている姿はとてもほほえましかったです。私も実際に子どもたちに教えたのですが、子どもたちが編むことにだんだんと慣れていき、最後は笑顔になるので、私まで笑顔になりとても素敵な時間を過ごすことができました。元気な呼びかけのかいもあり、たくさんの方に手にとっていただき、ミサンガをはじめ、多くの商品を売ることができ本当に感謝しています。ありがとうございました。反省点はもちろんありますが、そればかりに目を奪われずによかった点も次に生かせるよう、これからも活動していきたいです。

青年会員 三浦 萌

【支援委員会より】   

この度は気仙沼市立新城小学校の児童並び、保存会のみなさまをSUNまつりに招聘するにあたり、多くの方々から、寄付金、また温かいお気持ちを頂戴し、本当に心より感謝しております。

子供たち並びに気仙沼からいらした方々も、東京の多くの人たちに踊りを見ていただいたことにより、さらに地域のために伝統芸能を持続していかねばならない、と思われたそうです。目黒ユネスコ協会だけではなかなかできないことですが、みなさまのご協力により支援することができました。これからもできる限りこの活動を続けて行きたいと思います。ありがとうございました。 

副会長 宮下 晶子

   

                   

2014928() 1100~ 新江の島水族館  参加 70 名(保護者含む) 

主催:目黒区教育委員会

主管:NPO法人目黒ユネスコ協会

協力:NPO法人体験型科学教育研究所

江の島水族館.jpg

快晴に恵まれ、絶好の行楽日和と思われた当日早朝、『台風17号の影響による高波で網が張れず、地引網体験は中止』との連絡が各家庭に届いた。「こんなにお天気なのに...」「残念だね、楽しみにしていたのに...」といった声が上がったが、自然相手では仕方がない。気を取り直して、変更先の新江の島水族館に向かう。

水族館入口に集合すると、地引網で獲れる近海魚の詳しい資料『お魚リスト』が各自に配布された。NPO法人体験型科学教育研究所(リアルサイエンス)は定期的に地引網体験を企画していると聞き、次の機会にと皆の期待は高まる。当協会宮下副会長からも「今回は残念だったが、次回の参加は優先的に」と挨拶があった。

水族館の職員からスタンプラリーの説明を受け、団体入口から館内に足を踏み入れると、一般客で混雑している。とりあえず集合地点の『なぎさの体験学習館』に向かうが、途中、魚群の舞う大水槽・妖しく浮遊するクラゲ・可愛いペンギンショーなどについ足止めされてしまう。親子連れでにぎわう館内には、相模湾周辺の身近な魚の生態が詳しく展示されていた。スタンプラリーの後は自由解散となり、イルカショーや、海亀ランタンづくりなど、水族館の休日を楽しんだ。 

広報 林 多香子


to Page Top