会報 SHORT-NEWS[2015年3月号#307 一覧]

2015年1月24日(土)12:30~307新年会1.JPG

五本木小学校内ランチルーム

参加:約90名

当日、一番乗りは新入会員の4名で、てきぱきと会場設営が始まった。続いて、受付、ミニバザー、カレンダーコーナー、最後の仕上げは、会員心づくしの料理の配膳だ。会場は新年会の温かい雰囲気に満ち、今年は誰に逢えるかどんな新しい出会いが待っているか、と皆の笑顔が語っているようだ。開会後、相良会長の力強い年頭の挨拶に続き、尾崎富雄教育長より、「ユネスコスクールをもっと区内に増やしていきたい」と期待の高まるお言葉を頂いた。また鈴木隆道・斉藤やすひろ・栗山芳士都議、おのせ康弘・飯島和代区議、お世話になっている五本木小の丸山智子校長先生からも、厚い励ましのご挨拶を頂戴した。加藤名誉会長の挨拶と乾杯で、会食交歓のスタート。

307新年会2.JPG食後はすでに広報・日本語教室等で活躍中の元気な新入会員の6名が紹介された。続いて語学教室では、委託クラスのクスワン先生も飛び入り参加し、インドネシア語でのやり取りが会場を沸かせた。さらにシュザンヌ先生の仏語クラスや、日本語クラスのフレンドシップメンバ―(FM)が、マイクを握った。青少年活動では、年少会員コスモスのコーラスが、明るい歌307新年会4.JPG声で会場を魅了した。また内閣府主催のドミニカスタディツアーに参加した柿崎青年会員が、グローバルな活動の広がりを報告した。恒例の福引、相変わらずの人気で、どれにしようかと大人も子供もうれしい思案顔だ。バザーコーナーでは、献品の「7段飾りのお雛様」をFM(イラクの女性)が購入し、別のFM(バングラデシュの男性)が車で足立区の彼女のお宅まで一緒に届けるという親切な申し出があり、めでたく成立となった。最後は望月副会長の終わりの挨拶と3本締めで閉会した。

昨秋創立60周年を迎え、記念式典や記念誌の発行、青年のスタディツアー計画など、関連の事業が続いている。会員数の減少等の今日的な課題に対して、誠実な活動の継続こそが、一番の解決だと思う。沢山の温かい協力を得て、新年会もまた盛会だったことに、明日への光を感じる。        

事務局長 斉藤 真澄


2015221()1300~1500 

五本木小学校ランチルーム

307221.JPG

当日は好天に恵まれ、開始前から20余名の行列ができた。会場にはボランティアスタッフの手で食器、雑貨、衣類に加え、気仙沼の海産物会員手作りジャムもきれいに配置されている。1週間前から値付けに取り掛かったが、今回は未使用のミシンや天体望遠鏡の値段、使い込んだ食器の扱い等に意見が分かれた。当日の会場設営までボランティアの出番は多いが、準備には独特の楽しさがある。売り場は開始直後から終了間際まで盛況で、掘り出し物を求める人々の熱気につつまれた。対面するスタッフも接客に熱が入る。休憩コーナーでは、インドネシアのジンジャーティが好評だった。

バザーは多種多様な品物が目白押しだ。当たりはずれはあるが、それを見越しても格別な楽しさがある。実はバザーの楽しさにはまっているのは筆者自身である。一昨年のこのバザーで、ネパールの厚手手編みセーター(少々難ありだが新品)をゲットし、真冬の部屋着必須アイテムとなっている。献品者にとっては不要なものでも、購入者にとってはお買い得品となり、しかも収益は、国際支援と東日本復興支援となるのだから、こんな素晴らしいことはない。「バザーは見に行くだけでも楽しい」と言われるが、次回はもっと多くの会員の参加を期待したい。

広報 山本 一雄

支援/バザー担当一同より

五本木小学校のお母様からの献品や、宅配便で届いた大きな段ボール箱等、たくさんの献品・ご寄附、ありがとうございました。また当日会場にお運びの皆さま、心からの感謝を申し上げます。バザーの売り上げは、159,562円でした。収益は支援活動に活かしてまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


主催:目黒区教育委員会   主管:NPO法人目黒ユネスコ協会

2015年2月6日(金)14:00~ 緑が丘文化会館   参加:34名

講師:道明三保子氏(服飾・染織文化研究家/文化学園大学名誉教授)

307206.JPGこの講座を聴くにあたり普段刺繍と縁のない生活をしている私は、まずタイトルに興味をそそられた。刺繍とは歴史的に見て、多くの民族が地域文化の違いに拘わらず綿々と続けてきたものである。刺繍は何より装飾として大変優れていて、簡単な道具があれば誰でも手仕事ですることができる。高い芸術性のある名品から暮らしに使う品々にも施された。女性としての評価にもつながる場合もあった。民族の伝統文様を縫い付け、自分たちの独自性、アイデンティティを示した。宗教的・儀礼的用途やモニュメンタルな物語や歴史の表現にも適している。また、弱い布地の補強の面で、袖口、肩、胸元などに部分的になされることもある。婚礼の衣装の刺繍は吉祥を表し、邪悪なものの侵入を妨げる意図もあった。ただ、日本においては、縫箔や絞り等熟練の技術が重視された。そのため、庶民の女の手仕事ではなく、専門職人の手によるものがほとんどを占めている。

講座の後半、スクリーンに、中国、日本、パレスチナ、フランス、ウズベキスタン等の民族刺繍の写真が映し出され、各々特徴のある刺繍を実感することが出来た。講師自身、中国の美しい刺繍を施した上着をお召しになり、「手間を掛けて作られ、使い捨てでなく一つのものを長く使い続ける刺繍の価値」にも触れられた。知らなかった世界を見ることのできたひとときだった。

広報 清水 敦子



主催:目黒区教育委員会 主管:NPO法人目黒ユネスコ協会

   2015年2月5日(木)14:00~ 緑が丘文化会館 参加:38名

   講師:渡部一二氏(多摩美術大学名誉教授/農学博士・学び舎江戸東京ユネスコクラブ/会長) 

都内のあちらこちらで、みぞれまじりの粉雪が舞い落ちる寒い日であった。研修会場は、悪条件の天候にも拘わらず、席はほぼ埋め尽くされた。かくも大勢の参加者があったのは、目黒ユネスコ文化講座に対する、皆さんの期待の表れであろう。

渡部先生の講演内容は、概略以下の通りであった。307205.JPG

玉川上水系水路は、多摩川の水を源流として、古くは江戸、そして東京の街を潤して来た。大きくは玉川上水より取水して三田まで至る三田用水と、品川区まで至る品川用水の両用水より、分水領として何本もの分水路が網のように張り巡らされている。取水地から東京湾に流れ込むまで、ポンプなど一切使わず、自然流下のみによる総延長420キロにおよぶ水系は、その通水システムのスケールの偉大さ、たくみさを窺い知ることが出来、おおいに感銘させられる。 水は、人間にとって欠かすことが出来ないのは言うまでもないことであるが、玉川用水路は、飲料水としての利用に始まり、農業用水、工業用水などいろいろな方面で、非常に重要な役割を果たして来た。今日までの私達の生活、文化を支え発展させて来たということで、大変大きな価値を有していると言えるのではないだろうか。 歴史の移り変わりの中で、上水路の形態や地形なども大きく変わり、その経緯や意味、あるいは関連する資料も分散してしまっている。またそれら水路の多くは通水されないままの痛ましい姿で残されているのは、大変残念なことである。 この後も、水路の調査、研究を続ける中で、願わくは武蔵野の水路再生を図り、延いては世界遺産の認定に向けて、更なる情熱をもって邁進して行きたい。 玉川上水に関連して、皆さんが知っていることや、あるいは情報があれば、何なりと遠慮せずお寄せ頂きたいと、講演を結んだ。

広報 沓澤 逸男


201528日(日)DSC09070_NEW.jpg

めぐろパーシモンホール&区民キヤンパス公園

入場者数 約1,700

加藤玲子MIFA理事長、青木区長、キルギス国大使の挨拶による開会式に次いで、目黒ユ協年少会員コスモスとインドネシア学校のコーラス「小さな世界」により、MIFAフェスティバルは幕を開けた。午後のプログラム、コスモスの最初の曲は「七つの子」。4曲目の「トトロ」では共演のインドネシア学校の生徒20数名が、あざやかな民族衣装で登場し、一緒に歌い踊り出して、会場を大いに沸かせた。当日の催し物中、最高の入場者数をカウントしたと聞く。"ユネスコらしい""ユネスコでなければ出来ない"との声も上がっていた。天候も不安定で午後からは小雨も降り出したが、入場者数も例年より多く、場内外の各売店は大入りだった。小ホールでは青年部会員が協力しているパングラデシュ物品の販売店や、新たにユネスコスクールに加入したトキワ松学園国際交流部の売店も健闘していた。

広報  江藤 甚一郎

DSC09067_NEW.jpgコスモス代表 宮下 晶子より

以前から外国の子供たちとのコラボを実現したいと思っていたのがやっと実現でき、とても嬉しく思いました。コスモスにインドネシアの保護者がいらしたお陰で実現出来たと感謝しております。一緒には中々練習が出来ないので、ほぼぶっつけ本番になる、というのを考え、インドネシアの先生と何度も相談し、また踊りも見に行き、実際に歌をつけて練習もしました。子供たちがどのように動くか、前日まで心配していました。初めての顔合わせ、初めて見る踊りには、予想通り、目が釘付け状態でした。でも子供たちは、変更も多かったにもかかわらず、本番では決めてくれました。

その後、同じ楽屋だったので子供たち同士の交流がはじまり、今回コラボして本当に良かったと思いました。子供たちも本当に楽しそうに「今度はもっと一緒にいたい」「もっと色々な事がしてみたい」と、とても興味を持ったみたいでした。この小さな交流がこれからの草の根の平和活動だと思いました。これこそユネスコの本来の姿勢ではないでしょうか?今後もこのような活動を通して小さな平和活動を続けたいと強く思いました。





2015111() 1000~13:00307111.JPG

五本木小学校家庭科室

講師:堀江ひろ子氏 (NHKきょうの料理講師)

無形文化遺産登録を機に、文化として誇れるよう和食を改めて学びたいとの青年会員の企画で調理実習が行われた。一汁三菜で「学生が作りたくなる和食」をテーマに調理した。献立は主菜が鶏の照り焼き、副菜が里芋の味噌煮、副副菜が大根の甘酢漬けにご飯とかき玉汁である。先生は甘い辛い酸っぱい等の異なる味覚で献立のバランスを取ることを指導された。青年たちは、慣れないながらも張り切って調理にとりかかった。ゆずと大根の何とも自然な甘みの仕上がりが美味しく、又、汁椀の蓋を取った時の湯気の香りに心も体もぽかぽかして元気になる力を感じた。世界に誇るべき健康食であることを改めて実感した実習だった。

広報  木村 万里

to Page Top