9月20日に目黒さんま祭りが開催されました。目黒川沿いには無料で配布されるさんまを求めて多くの人が長蛇のしし踊り1.JPG列を形成し、祭りの盛り上がりを見せました。その中で、宮城県の月立小学校から小学生たちが来てくださいました。伝統である鹿踊りを披露し、われわれ青年部をはじめ多くの方が圧倒されました。小学生たちは夏休みの間などかなりの時間を練習に割いて準備してきてくれました。本番ではその成果を無事発揮できていたと思います。その後は、祭りのメインであるさんまを美味しそうに食べる小学生と交流をし、無事お見送りをしました。以前は私たちが宮城県を訪れ、今回は目黒に訪問していただきました。こうしたつながりは大切なものであるので、これからも継続していきます。 (高橋)