1005-2.jpg

 主催:目黒区教育委員会 
 主管:NPO法人目黒ユネスコ協会
 2013年 12月14日(土)15:45~19:15 高尾山  
 参加:45名(大人含む)
 講師:岡崎弘幸氏(中央大学付属高等学校教諭)
 協力:NPO法人体験型科学教育研究所

 

ミシュラン人気で倍増した登山客がそろそろ下山するころ、人の流れに逆行して、防寒着の親子連れが次々と集まってきた。皆、期待と不安に胸を弾ませている。

本当にムササビに出会えるのかな?肉眼で見えるのかな?

まずムササビ博士の岡崎先生から、その生態について説明を受けた。ムササビはげっ歯類でネズミ科リス目。夜行性で日没後30分から日の出前30分の間に活動する。12月のこの時期、繁殖期をむかえ活動が活発になるという。一行は薬王院の境内に向かい、巣穴の下方に待機すると、じっと日没を待った。

冬の日は短い。山の気温は下がり、足元がしんしんと冷えてくる。かじかむ指先に手袋を忘れてきたのが悔やまれる。そのとき、「グルルーグルルー!」とムササビ特有の鳴き声が聞こえてきた。眼下の杉の木にいるらしい。目を凝らしていると、突然舞い降りた。歓声が上がる。先生が樹上のムササビを指さすが、素人の目にはなかなか認識できない。動いて初めてそれとわかる。

 続いて屋根裏の巣穴から顔をだし、皆の見守る中、白い腹を見せて舞い降りる姿も確認。まさに『空飛ぶ座布団』だ。杉の大木には何匹ものムササビが点在し、樹木から樹木へと滑空する姿も見られた。

ベストシーズンとはいえ、こんなにたくさんのムササビに遭遇できるのは珍しいらしい。「皆さんはラッキーですね」と岡崎先生。帰途は眼下に大都会の夜景を見ながら、暗闇の中、急な坂道を1時間かけてひたすら下る。膝をがくがくさせながらも「来てよかった」と、皆、大満足の体験だった。

 広報 林 多香子


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
     土・日・祝日は休み 
       〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]
meguro@unesco.or.jp