312韓国語クラス.jpg上目黒住区センター 18:40~20:10 毎週金曜日
講師 朴輪貞(パク ユンジョン)先生

カムサハムニダ!(ありがとうございます)、アンニョンハシムニカ?(お元気ですか)、 皆さん一度はお聞きになられたことがおありでしょう。感(カム)謝(サ)は漢字語、ハムニダは固有語で、日本語で(します)の意味に当たります。
安(アン)寧(ニョン)は漢字語、(ハシムニカ?)は固有語(ですか)で、 韓国の文字・ハングルは、私たちには暗号のようにみえますが、ひらがなと同じく表音文字です。言葉の中に漢字語が多く(6-7割)使われていたり、日本語の「て に を は」に当たる助詞があったり、目的語が動詞の前にくるなど文法も似ています。
好きな人も多い食品のキムチ。キム。日本語では、2音になりますが、実は語尾に子音の「m」がついた1音で発音します。それにチがついて2音。発音に少しやっかいな点はありますが、総じて取り組みやすいのが韓国語です。
平成10年9月から講座が始まりました。当初から参加の3名を含め現在11名。今の講師は東大大学院博士課程在学中の美人で明るく、教え上手な朴先生です。教科書は、延世大学語学スクール中級レベルを使用。授業のモットーは、「いま知っている単語を使って、とにかく韓国語で話しましょう」です。
私たちは、韓国の方と気軽にお話をし、「相互の風習と生活を」知って親しい友人になりたいと願って勉強しています。韓国料理はおいしく、Kポップも韓国ドラマも楽しく面白いですよ。中級レベルの方、ぜひ一度見学においでください。
世話人  中村 正


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
     土・日・祝日は休み 
       〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]
meguro@unesco.or.jp