この度、目黒ユネスコ協会からの御招待を受け、気仙沼市月立地区に、先人の努力によって189年間絶えることなく伝承されてきた早稲谷鹿踊を目黒のSUNまつり会場にて披露できたことに、この上ない喜びを感じております。
本校は全校児童30名の小規模校です。早稲谷鹿踊は保存会の皆様の御指導のもとに全校児童で取り組んでいます。その内、今回参加したのは5・6年11名の児童でした。3年前にも御招待をいただきましたが、今年は目黒区民祭りが20回目ということで、記念すべき年に御招待を受けたことに重ねて感謝いたします。
祭の前日には、青木英二目黒区長、尾崎富雄教育長をはじめ、関係機関の皆様の同席のもとに、歓迎の式を開いていただいた他に、有名カレー店の御馳走、青年会員の皆さんとの楽しい交流会等のお世話もいただき、祭本番での鹿踊の披露と合わせ、子どもたちにとって充実した思い出に残る2日間を過ごすことができ、たくさんの元気をもらいました。これも一重に、相良憲昭会長をはじめとした目黒ユネスコ協会の役員の皆様、そして、子どもたちと交流していただいた青年会員の皆さんのお陰と感謝しております。
幸い、本校がある地区は気仙沼市の山間に位置しており、東日本大震災による被害は比較的少ない地域でしたが、震災から後、目黒ユネスコ協会には、継続して物心両面にわたって多大なる御支援をいただいております。なお、今年の6月には宮下晶子副会長、松尾俊吾君他、青年会員との交流を気仙沼で図ったところです。皆様の活動が私たちの住む気仙沼人に大きな希望と勇気を与えていただいております。こういった機会を通して今後も絆を深めていけたら素晴らしいと思います。
終わりに、目黒ユネスコ協会の今後ますますの御発展をお祈りし、御招待への感謝といたします。ありがとうございました。


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
     土・日・祝日は休み 
       〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]
meguro@unesco.or.jp