319g.JPG講師:朴 輪貞(パク ユンジョン)先生

金曜日 18:40~20:10 /月3回 上目黒住区センター

私たちの教室では、最初の30分ぐらいは、各人のできごとなどを韓国語で話します。それに朴先生が質問したり、言葉の誤りなどを訂正したりし、皆が韓国語モードになってから、教科書に入ります。今期始めに、ある会員より「街に出て韓国語を話してみたい」と提案がありました。先生から「見物ができ、健康にもいいですね。行きましょう。」とご返事があり、自由参加でわが町目黒区探訪となりました。7月16日(土)、不動前駅11時半スタート。人数はこぢんまりと6名。案内は地元会員のW氏。まずは林試の森公園へ。319h.JPG(写真) 参加者は「天気がいいですね。ここは涼しいですね。」と冷や汗をふきふき先生に韓国語で話しかけます。「先生、鰻はお好きですか、老舗があるんですよ。」 老舗でお昼にしたかったのですが、行列ができていたので、スルー。次の目黒不動尊へ。立て札を訳します。「808年円仁が創建し・・・」(うーん、疲れる) 先生は狛犬に興味をお示しでした。甘藷先生、青木昆陽のお墓もみました。お腹がすいたな。五百羅漢寺にちょうどお店がありました。和食弁当を食べてから見学。このお寺は、江戸の頃は江東区にあったそうで、庶民のピクニック用のお寺という印象でした。今日の見学はこれで終了。K氏は、海外勤務の経験も豊富。ぱっと韓国語が出ます。先生は頭脳明晰。すぐ理解され、直していただけます。大方日本語の私は、見習わなければと反省しきりの日となりました。          

世話人 中村 正


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
       〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]meguro@unesco.or.jp