講師:クスワン先生

会場:中央町社会教育館(さくらプラザ)

毎週水曜1900~2030

インドネシア語を始めてみよう、または興味があって勉強し、観光や仕事に役立ててみたいなと考えている皆さん、中央町社会教育館(通称さくらプラザ)で楽しく勉強していますので、参加を歓迎します。また、試しに見てみたい、様子を知りたい、インドネシア語の語感を体験したい方も大歓迎です。324-8.JPGのサムネイル画像

インドネシアは広大な多数の島で構成されるアジアの大国です。(東西の国土の距離はアメリカ大陸と同じ幅です)人口も2.6億人で平均年齢も若い国です。

言葉はインドネシア語(BAHASA INDONESIA)といいます。発音は見てのままのバハサ インドネシアで読みやすく比較的簡単です。また、アルファベット表記で、アジアの、世界のどの言語(マレー語がインドネシア語の親戚語でかなりの共通部分があります)よりも、初歩・入門は入りやすく簡単です。

ご存知の通り、バリ、ボロブドールなど観光地も多く、焼き飯(ナシ ゴレン)、焼き鳥(サテ)など美味しいものが沢山あり、目黒でもインドネシア料理店はよく見かけます。

クスワン先生は男性、日本留学組で、政府・民間関係の両国間イベント、研修などの通訳、翻訳もできる優しい人です。次回の春講座は連休明けの5月10日(水)からです。参加希望の方は事務局までお問い合わせください。

世話人:雑賀(さいが)成元


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
       〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]meguro@unesco.or.jp