326_05.JPGのサムネイル画像326_06.JPGのサムネイル画像

目黒ユネスコ日本語教室では、今学期も160名40ヵ国を超える学習者が熱心に勉強しています。入門クラスから始め、コツコツと3・4年通って中級を卒業する人、中級や漢字クラスに何年も通い続ける人、途切れ途切れに思い出したようにまた来てくれる人など、心に残る学習者がたくさんいます。 この教室の特色は何といっても、学習者の国籍が多様なことでしょう。今期朝コースAクラス(入門クラス)を見ても、登録15名の国籍は14ヵ国で、中米、北米、豪州、アフリカ、欧州、中東、アジアと世界中の国々から集まっています。その国籍も年齢もバラバラの人たちが一つ教室で一緒に、初めて日本語を勉強するのですから、教える方は大変です。皆の集中力を維持しながら、楽しく勉強してもらうには、写真を使ったりクイズをしたり、工夫が必要です。質問しても、自信なさげに小さな声で答える人が多いのですが、二人一組に分かれての会話練習になると、とたんに皆元気になり、大きな声で、ちゃんと日本語で会話しています。皆の前では声が小さくなってしまうのは、日本人だけではないようです。

326_07.JPG休憩時間には賑やかに英語が飛び交います。「〇〇のタコスは本場ものだ。おいしいよ。」「腰痛には△△がよく効くらしい。」など楽しそうに情報交換をしています。クラスが終わると連れだってランチに行く人もいます。バックグラウンドは違っても、異国で暮らす不安や悩みは共通のものがあるのでしょう、クラスメートとは、皆すぐに打ち解け仲良くなります。

日本語教室では日本語を教え、日本文化を知ってもらうだけではなく、様々な国の人たちが親しくなり、お互いの文化を理解し合うことも目指しています。そこから平和への一歩が始まると思うからです。私たちスタッフは、少しでもそのお手伝いができたらと願っています。 

日本語教育担当 大前 真理子


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
     土・日・祝日は休み 
       〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]
meguro@unesco.or.jp