2017年12月9日(土) 太鼓の里 響和館
参加:20人(フレンドシップメンバー(FM)14名・日本語スタッフ6名)

2017年3月に行われて好評だった和太鼓ワークショップを再び開催した。人数の関係で、グループを2つに分けて実施。最初のグループは和太鼓についての簡単な説明の後、軽い準備運動をして、早速バチを持って体験開始。体を伸ばしてから振り下ろすなど身体全体を使って叩く事、姿勢や動作の美しさ、掛け声も演奏の一部である事、など大事なポイントを教えてもらう。講師の浅野町子さんが「これは日本の伝統的なリズムです」と言いながら「どどんこどん」と叩いた時にFMの目が輝いたのが印象的だった。前半は鏡の前で練習、後半は円になって参加者が一体感を感じながら演奏した。2回目のグ ループは参加者を半分に分けて違うリズムを叩く事にも挑戦。最初はバラバラだったが、何度も練習すると息が合ってきて、見事な演奏! 天然の素材で作られた伝統工芸品である和太鼓に触れ、汗びっしょりながらも「楽しかった」と笑顔だったFM。日本文化を体験する貴重な機会となった。

日本語教室 武田美樹子


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
     事務局の夏休み 7月23日~8月24日
  〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]meguro@unesco.or.jp