2018年5月27日(日)14:00開演 めぐろパーシモンホール大ホール

須川展也(サクソフォン) × 奥村 愛(ヴァイオリン)× 小柳美奈子(ピアノ)

今回の出演は、世界的に活躍しているサクソフォンの須川展也と、ヴァイオリン、ピアノのトリオだ。高い技術に裏打ちされた三人の、息の合ったアンサンブルは素晴らしく、特にサクソフォンの音色の豊かさに魅了された。
ヴァイオリンの名曲でコンサートが始まると、優雅な弦の響き、寄り添うピアノの調べに引き込まれ、須川氏が加わったトリオでは、各々の美しい音色に思わず心奪われた。  
この三楽器の組み合わせは珍しいそうだが、その為に作曲されたというハイテクニックな作品で前半は終了。
後半の冒頭はデサンクロ。一般的にはあまり知られていない作曲家だが、サクソフォン奏者にとっては登竜門的な名曲で、“デサンクロを聴きに”来た学生もいたようだ。続くビゼーもオーケストラ編成の曲を,管とピアノの二重奏で表現し、さまざまな音色と奏法の幅広さに驚かされる。ヴァイオリンが加わると、うって変わってラテンのリズムにのり、ジャズの名曲へと続く。アンコールはピアソラの名品「アヴェ・マリア」。合間のトークも終始和やかで、三人が心から演奏を楽しんでいる様子が客席にも伝わってきた。
出演依頼の際、各々の楽器の持ち味や魅力が発揮できるような選曲を、とお願いしたところ、バラエティに富んだプログラムが実現した。演奏者の技量は勿論、それを可能にする編曲者の功績にも、敬意を表したい。
年に一度のユネスココンサートは、会員にとっても貴重な親睦の場となっている。ロビーでは、あちらこちらで人々の輪ができ、談笑する姿が見られた。

コンサート担当  林 多香子


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
     事務局の夏休み 7月23日~8月24日
  〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]meguro@unesco.or.jp