2018年7月8日(土)
目黒パーシモンホール

今年も7月8日(日)に恒例のホタル祭りがパーシモンホール、目黒キャンパス、体育館を使っての、地域の文化団体の発表、小、中、高校生によるバンド演奏や合唱。チアダンスや目黒ばやしの披露等で行われた。大ホールでは我が目黒ユネスコ協会のコスモスの子供たちがホタルにちなんだ演出で、さわやかな歌声を披露。とても癒される。ホワイエでは子供たちに千羽鶴を折ってもらい、ユネスコの宣伝もかねて、お礼にくるりんぱのカードをあげる。にこっとする笑顔にまた癒される。また、キャンパスではユネスコテントで渡辺(インドネシア)さんのやきそばが大盛況。お昼はこれで決まり。
ほたる祭りの発端は、今あるパーシモンホール(都立大跡地)の周辺には昔、清流が流れ、夏にはホタルが飛び交う、素晴らしい環境があったと地元八雲の住民達の記憶から、八雲町会有志を中心に地域の子供たちにホタルを見せようという思いと、それをてこに地域の活性化も願って始まったと聞いている。
この願いは目黒ユネスコ協会にとっても、地域の文化団体や、住民に目黒ユネスコ協会を知ってもらういい機会ととらえ、副会長の宮下さんを中心に、望月、江藤、倉田会員、東工大の青年たちの協力でホタルをただ見せるだけでなく、ホタルの生態を知ることによって、子供たちや保護者に生物が生きていくにはいかに環境が大事かという事を知ってもらう一助になればという思いでお手伝いしている。
どうぞ会員の皆様、来年もあります。お近くでしたら、ホタルの鑑賞や、コスモスの歌声を聞きに来てください。癒されますよ。

副会長 望月 昇


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
     土・日・祝日は休み 
       〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]
meguro@unesco.or.jp