2018年11月11日(日)14:00~16:00 五本木小学校
主催:目黒区教育委員会  主管:NPO法人目黒ユネスコ協会
講師:東京工業大学生命理工学院バイオ創造設計室学生
参加:20名

理科室のドアを開けると講師達は準備に忙しく、子供達も白衣を提供され、研究室さながらの様だった。スクリーンに授業の流れが映し出され、2個のシャーレと歯ブラシが個々に渡されていた。宮下副会長のユネスコの紹介後、女子学生の指導のもと授業が始まった。
葉脈標本をつくろう:重曹で煮られたナンテンの葉が配られ、歯ブラシで叩くと葉脈だけになる。酢と食紅の入ったシャーレ内で染め、台紙と共にラミネート加工をして出来あがる。色を混ぜてはエメラルドグリーンや紫色に染め感嘆している子もいてとても楽しそう。
バイオって何だろう?:バイオとは生き物のこと。動、植物から蛋白質など小さな物までの性質を勉強し、それを利用したバイオテクノロジーの研究等先生方の活動状況が紹介された。かなり高度な授業ではあったが、イラストや身近な例で小学生の心をつかんでいた。
グループではなしあってみよう:グループ内もその頃にはすっかり打ち解け、出来上がったしおりを見て、「あみだくじの柄だ」とか「ネットみたいだけど穴の大きさにむらがある」とか観察コメントをしていた。
復習しよう:植物の分類、葉脈の種類や働きを学び、小学1~3年生にも拘らず、専門用語の漢字が読め、復習プリントもきちんと作成していた。
実験はわかりやすかったが中身の濃い授業で、将来、子供達の脳裏にこの日の経験が役立つことを期待したい。

広報 篠田 啓子


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

  (月~金 13:00~16:00) 土・日・祝日は休み
[所在地]〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3 五本木小学校内
[FAX]03-5725-6160
[ Email]
meguro@unesco.or.jp


   
  • banner-unesco-nihon.jpg
  • banner-unesco-org.jpg