登録の来訪神(8県10の行事)
男鹿のナマハゲ・吉浜のスネカ・米川の水かぶり・遊佐の小正月行事・能登のアマメハギ・見島のカセドリ・甑島のトシドン・薩摩硫黄島のメンドン・悪石島のボゼ・宮古島のパーントゥ

2018年11月インド洋モーリシャス共和国で行われた、UNESCO無形遺産委員会で、秋田県「男鹿のナマハゲ」をはじめ、岩手県「吉浜のスネカ」、沖縄県「宮古島のパーントゥ」など、東北から沖縄まで8県10行事の伝統行事がユネスコ無形文化遺産として登録された。
いずれも仮面・仮装した異形の人たちが家や集落をお訪れ、怠け者をいましめたり人々に幸福をもたらしたりする伝統行事だ。今回のこれらに、2009年に登録した、よく似ている鹿児島県薩摩川内市「甑島(こしきじま)のトシドン」を加える形で「来訪神」としてまとめて登録した。
「訪れ神」の様な新年前後の祭りや行事は、日本ばかりでなく中国・ベトナム・ロシア・ヨーロッパなどの各地にもある。

広報 江藤甚一郎


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

    (月~金 13:00~16:00) 
     土・日・祝日は休み 
     事務局の休み 平成30年12月17日
   ~平成31年1月14日

  〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3
[FAX]03-5725-6160
[ Email]
meguro@unesco.or.jp