いのち輝く持続可能な世界を未来に繋ぐ~大阪から世界へのメッセージ~,/span>

2021年12月5日(日) 桃山学院教育大学エレノアホール
主催:近畿ユネスコ協議会・日本ユネスコ協会連盟

2020年の全国大会(宇部)は中止だったが、今大会は、近畿圏の会員のみ会場参加で、その他はYouTube配信での開催となった。ビデオメッセージで、山中伸弥教授(京都大学IPS細胞研究所所長)は、IPS細胞を使った感染症他の医療現場への貢献や、健康寿命をのばすため、地道に研究を進めたいと述べられた。また東日本大震災から10年、気仙沼(菅原昭彦氏)からのメッセージが紹介された。
パネルディスカッションでは、「誰ひとり取り残さない社会の構築」と題して、重度身障者で詩人、昨年肺炎をこじらせ声まで失った息子を、抱きかかえた母親が、この子の命をなんとしても守りぬくと、笑顔で、決意を訴え、心に残った。その他、青年活動発表など、様々な学びを頂いた全国大会だった。2022年度は千葉県木更津開催。その頃にはコロナが収まって対面での開催を期待したい。

理事 斉藤 眞澄


[投稿日:
NPO法人 目黒ユネスコ協会

[電話] 03-5725-6150

(月~金;13:00~16:00);土・日・祝日は休み

[所在地]〒153-0053
  東京都目黒区五本木2-24-3 五本木小学校内
[FAX]03-5725-6160
[Email]meguro@unesco.or.jp

  • JAPANESE LANGUAGE CLASS
  • 日本語教室

  • banner-UnescoChannel-1-240x.jpg

  • るんるんライブ
  • ショートニュース日本語版
  • ショートニュース英語版
  • ショートニュース アーカイブス
  • 支援のお願い

   
  • 機関紙ユネスコ
  • unesco.org

facebook