会報 SHORT-NEWS

2017年11月11日(土)13:00~15:00  五本木小学校ランチルーム

329-1-L.JPG7月半ばに始まった支援委員会から、バザーに向けての様々な準備が始まった。ここ数年冬に開催していたバザーを11月開催に変更し、何かこれまでとは違ったバザーに出来ないものかと模索した。9月には五本木小学校PTAの皆様にも献品のご協力をお願いした。目黒区と姉妹都市であり、目黒ユ協もかか
わりが深い気仙沼市からは例年出品があったが、福島や岩手からは何か出品できないか、外国のブースを設けてはどうか等々検討を続けた。10月になると、多くの方々から献品が集まり事務局の床に積まれるようになった。ボランティアの数も次第に増え、連日献品に値点けの作業に取り組んだ。
バザー当日は心配した雨も降ることなく、30名ほどの会員ボランティアによって手際よく品物が並べられ、準備が進んだ。会場前には早くから開場を待つ方もあった。開場と同時に大勢の方がお越し下さ329-1-R.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像り、好みの品を探す方・インドネシア料理やお菓子とお茶を愉しむ方と賑やかな会話が会場に溢れた。バザーの2時間はあっという間に過ぎてしまった。
今年度のバザー純益は145,328円に止まったが、献品をくださった方々・ランチルームを会場として貸してくださり万国旗組み立てをもお手伝いくださった上田校長先生・インドネシアやミャンマーの料理や手作りキャンドルを出品した友人・会員ボランティア・青年会員の被災地訪問報告、大勢の皆様からお力添えを頂き無事にバザーを終了できたことに感謝している。
又準備の中で被災地関係の方から「今でも私達のことを思っていただけているんですね、有難うございます。」と感謝の言葉をいただけたことは、これから目黒ユ協が被災地支援活動を続けていく上で何よりも大きな励みとなる。
様々な形でバザーにご協力くださった皆様に、SNの紙面を借りて御礼申し上げます。有難うございました。                 

支援事業委員長 加藤光子

2017年10月8日(日)12:00~14:00中目黒駅前

329-2-L.jpg10月8日 青年会員が中目黒駅前で募金活動を行いました。12時から2時までの時間でしたが、総額28,045円集まりました。これは日本ユネスコ協会連盟を通して、東日本大震災復興支援にさせていただきます。
ご協力くださった皆さま、有難うございました。

青年会員 松尾俊吾

2017年9月30日(土)13:30~16:00 五本木小学校ランチルーム
ゲストスピーカー:加藤玲子名誉会長    参加:27名

329-3-L.JPG加藤氏が会長の時入会した私は、その功績やお人柄に常日頃から尊敬の念を覚えていた。今回は、目黒ユネスコの来し方を振り返るという会であったが、未知のお話は新鮮で、大変有意義なものとなった。
目黒ユネスコは1954年10月に設立されたが、氏はその趣意書の3項目「この区の文化的水準の向上と、この地域の社会を明るくすることに、いくらかでも役に立ちたい」という文言に喚起を促された。地域に根付く民間活動が原点である。
浦田陽子さんから始まった『チャリティーコンサート』、第1回は自宅で行われた『バザー』、あの「広島平和の鐘」作成の香取正彦先生も関わられた『美術展』、ミセス・ジャッジのお力が大きかったユネスコ活動推進のための『語学教室』等々が、変遷しながら今に至る。苦労話も笑顔で語り、「その時その時の社会の求め」に応じて、今の形に至ったことを述べられた。また、『日本語教室』は「日本語教育研修講座」から始まっている。その後、中国帰国者に日本語を教えることにもなった。単に言語を教えるだけでなく、ユネスコの心を伝えることに「日本語教室」の使命があるからこそ、このように長く続いてきたのだ、と理解できた。
この懇話会には、かつて現役で活動なさっていた方々もみえられた。当時、皆で試行錯誤しながらも新しいものにチャレンジしてきたという熱い心に思い及ぶことができ、少し羨ましく感じるほどだった。
 最後に氏は「限られた一生のなかで、人々の幸せのために尽くす活動。遠いけど近い道。それがユネスコ活動」と締めくくられた。今の私たちも自分の中で問い直すべき言葉ではないだろうか。       

広報委員 清水敦子

329-4-C.jpg11月1日(水)、五本木小学校に中国の北京市から校長、教員それにユネスコ関係者12名が来訪しました。日本ユネスコ協会連盟からの依頼で目黒ユ協が五本木小との連絡役となりました。
校長室では、自己紹介の後、高橋副校長が準備した「五本木小の学校案内」をもとに通訳を通して活発な質疑応答となりました。来訪者からは、五本木小の教育課程にとどまらず、広く日本の教育制度全般にわたって、学区域の指定、教科書の採択、教員の異動など数々の具体的な質問があり、予定された1時間を329-4-R.JPG超えてしまいました。そのため校内の見学は、低学年教室と給食室にとどまりましたが、子ども達に接したり、校舎内の写真を撮ったりと関心を寄せていました。通訳の方の優れた語学力のおかげで、双方が熱心に語り合い、理解が深まったと思われます。帰り際には、本協会にもお土産として陶器の置物を頂きました。 

理事 久富美智子(五本木小学校 評議員)

2017年10月14~15日(土~日) 山崎製パン総合クリエーションセンター 参加約400名

329-5-C.JPG基調講演の講師 西村幸夫氏(ICOMOS元副会長)は、ユネスコからの米国脱退や、ユネスコ事務局長にオードレ・アズレ前仏文化相決定など、最近の世界情勢からお話しされた。続いて「平和をめざす世界遺産・未来遺産」と題して、世界遺産の破壊という行為についての考察を述べられた。
紛争地では、世界遺産(バーミヤン大仏立像・アレッポ遺跡他)を、争いのターゲットとして破壊している。平和な世界への挑戦であり非常に残念だ。政治や宗教を超え、人々の心を一つにまとめて、世界遺産を守ること、それはすなわち、平和を守ることと同意語であり、ユネスコでしかできない活動だ、と結んだ。会場の参加者もまた争いの続く世の中を深く憂い、講師へ温かい拍手で応えた。
分科会は5つのテーマに分かれての事例発表会だ。今回私が司会を担当した、第4分科会は未来遺産(雑司ヶ谷/としまユ協)や、世界遺産(富岡製糸場/富岡ユ協)に認定された協会の奮闘記だった。官民一体となっての誘致活動から始まり、駅からのインフラ整備、街づくり、ポスターやマップ製作、地域のボランティアとの協働に、ユネスコ会員として深い誇りと愛情を持って、活動しているとの力強い発表だった。
2日目は日ユ協連主催の実務担当者セミナー「パワーアップ・ワークショップ」に参加した。
次年度は茨城県水戸市(9/8~9)開催予定。目黒の地とはまた違った多くの活動や心に残る学びがある。来年はさらに大勢の方のご参加を期待したい。   

事務局長 斉藤真澄

2017年9月12日~10月24日五本木住区センター

329-6-L.jpg「初めて習う日本語」が始まりました。最初は戸惑いの混じった不安な顔、顔...でしたが、初日が終る頃には、教室は15か国20人の明るい笑顔に包まれていました。肌の色も、宗教も、国民性も違う人達の集まりですが、お互い助け合いながら日本語を勉強することで、何かしら繋がりを感じていってもらえそうな雰囲気が嬉しいです。

日本語教室 中島佳子

15か国(アメリカ、ボリビア、ミャンマー、ガーナシンガポール、セルビア、韓国、メキシコ、タイ、フィリピンインドネシア、スリランカ、ネパール、スーダン、中国)

2017年9月16日(土)17:00~19:00 歓迎交流会     目黒区総合庁舎1階食堂
2017年9月17日(日)10:30~11:00 目黒区民祭り(SUNまつり) 田道広場特設会場

≪歓迎交流会≫DATA-1.JPGのサムネイル画像

歓迎交流会では、SUNまつりで鹿踊を披露する月立小学校(3回目)のみなさんと、目黒区の小学生が交流する場となっています。今年も原町小学校の和太鼓クラブの児童が参加しました。
17時、司会の挨拶とともに歓迎交流会が始まりました。目黒区長や教育長や様々な方が参加してくださいDATA-2.jpgのサムネイル画像ました。それぞれの挨拶や紹介後、ナイヤガラのカレーと、インドネシア料理を、皆さんで堪能しました。交流を図るために両校の児童が混ざるような席にしたため、最初はあまり話しができない様子でしたが、ご飯を食べながら会話をしているうちに直ぐに仲良くなり笑顔の絶えない食事となりました。食後は交流会、まず「名前覚えゲーム」を行いました。月立小と原町小、目黒の青年が混ざって2チームに分かれ競い合い、大変盛り上がりました。名前を覚えたことによって、より交流を深めるきっかけとなり、原町小の児童の皆さんが用意した質問コーナーでは、会話も弾みとても賑やかな雰囲気となりました。
月立小の校長先生の挨拶の中で、今年楽しみにしていることの一つにSUNまつりで踊ることだと発表してくれた児童の話がありました。楽しみにしている児童と、交流会で楽しく過ごせたことで次の日の本番がもっと楽しみになってくれたらいいなと思いました。         

青年会員 三浦 萌

DATA-3.jpgのサムネイル画像≪SUN祭り≫

9月17日(日)めぐろのSUNまつり(目黒区民まつり)が目黒区民センター・田道広場公園を中心とした複数の会場にて開催されました。あいにくお天気には恵まれず、小雨が降る中での開催となりましたが、朝早くからたくさんの人々が集まり、賑わいを見せていました。田道広場公園内に設置された野外ステージでは、気仙沼市立月立小学校の5、6年生の8名の児童の皆さんが、宮城県指定無形民俗文化財に指定されている「鹿踊」を披露してくださいました。色鮮やかな衣装に、2~3メートルほどあろうかという長さのササラDATA-4.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像を背中に立てた姿は、ステージに移動する途中でも通りがかった人々の注目を集めていました。そして、太鼓を叩きながら歌い踊る、パワーあふれるステージを多くの人々が見守り、あたたかい拍手が送られました。
その後、昼食の時間を目黒ユネスコ協会の会員も一緒に過ごさせていただき、お互いに様々な話をする中で前日の歓迎会の時よりもさらに交流が深まりました。しかし、楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。帰りのバスに乗り込んでからも別れを惜しむ光景が見られました。この出会いを大切に今後も末永く交流が続いていくようにと願ってやみません。       

青年会員 東野 優美

日本ユネスコ協会連盟 海外事業部主任 青山由仁子

DATA-5.jpg九州北部と朝鮮半島を結ぶ玄界灘は、大陸との交流の舞台であった。海に浮かぶ沖ノ島では、宗像の人びとによって、4~9世紀の約500年間にわたり、航海の安全を祈願した祭祀が行われていた。巨岩上や岩の陰といった祭祀の場から発見された約8万点の奉献品は、全てが国宝に指定されており、活発な対外交流の物証である。島そのものが信仰の対象とされ、厳格な禁忌や伝統によって、ほとんど人の手が加えられることなく守られてきた。

7世紀後半になると、沖ノ島と共通する祭祀が大島の中津宮(なかつみや)や、本土の辺津宮(へつみや)へと広がり、海によって結ばれる広大な空間で、宗像三女神を祀る宗像大社が成立した。宗像大社のほか、渡島できない沖ノ島を拝む拝殿である沖津宮遙拝所(おきつみやようはいしょ)、そして、信仰の伝統を築いた宗像の人びとを示す新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群も構成資産に含まれている。
宗像地域の人びとの中でも、特に漁業に従事する人びとの間で沖ノ島に対する信仰は篤く、豊漁や漁の安全が祈願されていた。数百隻の漁船による大船団によって、田(た)心(ごり)姫(ひめの)神(かみ)と湍(たぎ)津(つ)姫(ひめの)神(かみ)が迎えられる「みあれ祭」は、現代の信仰を象徴している。
世界遺産は、自国だけでなく、地球市民として遺産を保護し、継承していくための国際協力体制を構築することを目的としているが、その根底には、異文化理解を通じて平和な社会の実現を目指すUNESCOの理念が存在する。宗像・沖ノ島に代表されるように、厳しい自然環境に対して畏敬の念を抱き、自然と共生しながら生活を育んできた古来の日本人の姿は、まさに持続可能な社会の実現に向けて、重要なメッセージを国際社会へ発信しているのではないだろうか。


<沖ノ島の禁忌>
・「不言様(おいわずさま)」...沖ノ島で見たり、聞いたりしたものは一切口外してはならない
・「一木一草一石たりとも持ち出してはならない」
・「禊(みそぎ)」...沖ノ島への上陸は認められていない。上陸を許された場合や、神職であっても全裸になり、海中で穢れを祓わなければならない。
・その他...四本足の動物を食べてはならない。女人禁制・他。

主催:目黒区教育委員会       主管:NPO法人目黒ユネスコ協会
2017年9月2日(土)14:00~15:30   会場:鷹番住区センター
講師:東工大サイエンステクノ    参加:小学生・保護者 20名

DATA-6.jpgのサムネイル画像夏休みを終え、日焼けした元気な子供達が会場に集まった。スクリーンには「偏光万華鏡をつくろう!」の文字が出迎えていた。
宮下副会長のユネスコの説明後、授業は東工大サイエンステクノのメンバーの指導で始められた。
 室内を暗くしたり明るくしたりしながら、スポットやプリズムを使い、クイズ形式で光の三原色の実験が進められた。「赤、青、緑の色が混ざると何色になるかな?」と問うと、皆元気に「白」と答える。かなりの知識に驚いた。暗い教室内では、プリズムや、CDを貼り付けた扇風機から反射された光が、美しい虹色となりスクリーンに映し出された。次に偏光板で壁を作った箱に、ボールを通すとどうなるかの実験。難なくボールは壁を通り抜けた。偏光板により光の方向を変える事で、美しい色や絵、壁さえ見えてくる事を学んだ。
いよいよ万華鏡作りに入る。用意された材料を順番に組み立てて行く。鏡3枚で三角柱を作り、筒に入れる。一端にセロテープの貼られた小さい円の偏光板を、別の一回り大きな筒には大きい円の偏光板を取り付ける。小さい筒と合わせ、化粧の千代紙を貼ると出来上がり。それぞれ天井の電灯に向け筒を回しながら覗く。「キラキラしたマーメードの青い海が見える!」と思わず声を挙げた女の子もいた。皆得意げに万華鏡を持ち帰って行った。

広報 篠田 啓子

DATA-7.jpgのサムネイル画像この度、長く続いているユネスコ語学教室の中で、初めてドイツ語を採り上げました。
イザベルゴイ先生(写真上)は、大手外国語学校でドイツ語講師をしています。若く明るく、親しみやすいお人柄です。異文化に興味があり、英国に2年、仏国に10年の後、台湾に移り語学学校で日本人のご主人と出会い結婚。3年前から日本で暮らしています。ご専門は服飾デザインで、柔らかい感性をお持ちですので、固いイメージのあるドイツ語を楽しいものにしてくれることでしょう。
また、フランス語を基礎から学びたいという声に応え(現在あるフランス語クラスは20年以上継続)、「はじめてのフランス語」を開講します。入門者、初心者の方、大歓迎です。

DATA-8.JPG伊藤クロード・アンヌ先生(写真下)は、現在、聖心インターナショナルスクールで教えていますが、語学学校やカルチャーセンターでも仏語講師経験が豊富です。フランスで日本語と日本文化を専攻し、日本語能力試験1級に合格しました。スピーチセラピストの資格も持っていますので、文法や発音が苦手な方に安心です。ゴイ先生同様、海外経験が長く、母国語以外に英語、ドイツ語、中国語も話されます。この機会にぜひ、受講を考えてみませんか?

研修委員会

 

「はじめてのフランス語」11/10開講(毎週金曜日) 10時~12時 青少年プラザ(中目黒スクエア)
「はじめてのドイツ語」 11/14開講(毎週火曜日) 10時~12時 緑が丘文化会館

to Page Top